• 奈良
  • 奈良のカメラサークル

【終了:レポート】11月11日(日)13:00~ in 奈良:ならまち撮影会

《レポート》
天気も良く、「復興時」や「ならまち」を遠足気分で散策しました。今回は着物姿のモデルさんを用意し「ポートレート撮影」の練習もしました。

近鉄奈良駅から歩いて5分ほどの場所に「よもぎ餅」で有名な中谷堂があります。
手が「きな粉」まみれになるというハプニングがありつつも、つきたてモチモチのよもぎ餅を堪能。

出典:Deskgram

一同、興福寺を目指します。

興福寺へ向かう途中に「おじぞうさん」を発見。とりあず肩慣らしに撮影開始。

興福寺境内へ到着。

興福寺境内にて、着物姿のモデルさんのポートレート撮影を開始。

観光で訪れている外国人の方も、一緒になって撮影していました。

松と五重塔を背景に、着物が映えていました。

興福寺の散策を終えて「猿沢池」へ。池のほとりでご老人が絵を書いていました。ビックリするほど上手な絵に感動。

池の近くにある「結婚式場」を借りてポートレート撮影。

そのまま「ならまち」へ。しばらく歩いているとジープに乗ったダンディな「ちょい悪オヤジ」を発見!

さらに「チンドン屋」を発見!と思いきや、「縁起雑貨屋さん」でした。

人力車も走っていました。

雰囲気のある場所で撮影を開始。

通行人から注目されていました。

インスタ映えする場所を発見!

庚申堂(こうじんどう)へ到着。中では「動く段ボールアート展」をやっていました。

歩き疲れたので、「にぎわいの家」という町家でお茶休憩。
出典:奈良市HP

なか庭が綺麗でした。

本格的な抹茶をたててもらいながら、ちょっとした作法等を教えてもらいました。

和菓子も堪能。

お茶とお菓子を完食したあとは、家の中を撮影。

離れの「蔵」の中はギャラリーになっていて、中学生が書いた絵が展示されていました。

屋敷内にてポートレート撮影。

町家を出ると、どこからともなく楽器の音が聞こえてきました。近づくと・・・

音楽家が演奏をしていました。

さらに先へ進むと、趣のある「陶磁器屋さん」を発見。

「御霊神社」へ到着。

「ならまち工房」というクラフト雑貨店の通路にて撮影。

「今西家書院」という町家へ行きましたが、すでに閉館していました。
国宝が見れなくて残念でしたが、今日一日「ならまち」を満喫することができて大満足。

撮影会終了後、数名でスペイン料理を食べに行きました。
お酒を飲みながら、パスタやピザ、お肉やアヒージョを食べてお腹いっぱい。

企画内容

この企画の募集は終了しました
開催日が、10月27日(土)から11月11日(日)へ変更になりました。

奈良県奈良市にて「ならまち撮影会」を行います。

「奈良町」は、平城京の外京として整備されたことに始まり、いまでも日本人の生活風景を残す、全国でも希少な町です。

江戸中期には「お伊勢参り」の宿場町として栄え、明治~昭和時代には奈良の商業の中心地でした。
戦後は、近鉄奈良駅周辺の発展とともに閑静な住宅地へと変わりました。
その後1980年代から町づくりが始まり、今の観光客が絶えない「ならまち」があります。

そんな「ならまち」を散策しながら、風情ある街並みを撮影しましょう!

途中、おしゃれなカフェでまったりと休憩もとります。

【日時】2018年11月11日(日) 13:00~16:30

【場所】奈良(ならまち)

【集合場所】
※登録メンバーのみ公開

【予定人数】10名前後
※定員はありません。

【プラン】
12:00 集合
12:15 ならまち散策開始
15:00 カフェ
16:30 解散

【参加費】
男性1,200円、女性800円、学生500円
※飲食代等は別

【締切】10月26日

【その他】
・スマホや一眼レフ、コンパクトカメラ等をご持参ください
・雨天中止
・幹事の体調や都合によって中止や延期になる場合があります

参加をご希望される方は、まずはメンバー登録をお願い致します。

参加方法はこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA