• 京都
  • 京都のカメラサークル

【終了:レポート】3月20日(土) in 京都:「京都御苑」撮影会

《レポート》

ギリギリまで雨絡みの天気予報でしたが、当日は何とか夕方までお天気が持ってくれました。
初参加の方も含めて計5名と少人数でしたが、撮影会スタート。

梅は散ってしまいましたが、代わりにしだれ桜が満開でした。

まずは御苑南側にあった神社に入ってみます。


花手水なんでしょうか、椿の花が浮かべてありました。
たくさんのお花が浮かべてある花手水も綺麗ですが、一輪だけと言うのも味があって良いですね。


後で調べてみると、宗像神社というかつて朝廷に仕えた貴族のお屋敷にあった神社だそうです。
歴史を感じますね。

神社を出て、さらに御苑内を進みます。

大きな枝垂れ桜がありました。


ちょうど満開。
たくさんの人が写真を撮っていました。

苑内は桜だけで無く桃の花も満開。

桜や梅とは様子が違いますが、こちらもピンクや白と色の違いがあって綺麗です。

更に進んで御苑の北端。近衛の枝垂れ桜と呼ばれるエリアに。

こちらもこの日が見頃。
写真を撮る人、ゆっくり桜を眺める人、卒業式後なのか袴姿の学生さん。
制約の多いなかですが皆さん、思い思いに桜を楽しんでおられました。

我々もカメラ片手に桜を楽しみます。


種類は分かりませんが、鳥もお花見ですね。

このあと少し時間があったので、一般公開されている御所内部へ。


以前は事前予約が必要だった京都御所の見学ですが、今は簡単な手荷物検査だけで申し込みなしで入る事が出来ます。


機会があれば皆さんもぜひ!


桜や桃の花はありませんでしたが、綺麗な日本庭園が広がります。
日本の文化を世界に伝えると言う意味もあるらしく、海外からのお客様もここでおもてなししたりもするそうです。

御所を見学したところで終了。
この後は、御苑のなかにあるカフェでスイーツと飲み物を楽しみました。

↓は動画作品になります。容量が大きい(500MBくらい)のでPCでの視聴推奨です。
※スマホの場合タップしない限り読み込みは始まりません。

有志の方より先週末の京都御苑の様子を頂きました。

苑内のしだれ桜が見頃を迎えているとの事。
先に開花した桃の花も何とか保ってくれているようです。
ご興味のある方は、ぜひぜひ参加申し込みお願い致します(現在申し込み少


情報提供:T様より

企画内容

この企画の募集は終了しました

 

今回は、京都市上京区にある京都御苑で撮影会を開催したいと思います。
京都市の中心部に位置する京都御苑は、その大部分が国民公園として一般に開放され、京都市民の憩いの場となっています。
苑内には500種類以上の植物があり、四季を彩っていますが、なかでも2月中頃から4月の初めにかけては、梅・桃・桜と春の花が順を追って見頃を迎えます。

3月中旬の見頃は桃の花。ですが、京都御苑は梅の見頃も遅く、タイミングが合えば遅咲きの梅と、桃、早咲きの桜が一度に見れるかもしれません(開花状況による開催日の変更は行いません)。

また、御苑内にある京都御所も現在一般公開されており、自由に見学することが出来ます。
現在の建物は江戸時代末期に再建されたものですが、平安時代の建築様式で再建されており、古都の歴史を今に伝えています。

早春の候。みさなんで京都の春と歴史を楽しみましょう。

【日時】2021年3月20日(土) 13:00~15:00

【場所】京都御苑

【集合場所・時間】
※登録メンバーのみ公開

【予定人数】10名前後
※定員はありません

【プラン】
13:00 集合
13:00 撮影開始
15:00 撮影会終了
15:00 カフェ(任意)

【参加費】男性1000円、女性800円、学生600円
※飲食代等は除きます

【締切】2021年3月19日(金)

【その他】
・スマホや一眼レフ、コンパクトカメラなどをお持ち下さい
・マスクをご持参下さい
・幹事の体調・新型コロナウィルス感染拡大状況等によって中止になる場合がございます
・雨天中止

参加をご希望される方は、まずはメンバー登録をお願い致します。
参加方法はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA